心理学を初めて学ぶ

高校生のときに、将来つきたい仕事が明確になり、それをやるには、大学にいかないといけないことがわかったので、とにかく勉強した。
大学受験をするなんて、思ってもなかったので、自分の中では、かなりの挑戦に感じていた。
そして、周りからも無理じゃない?と言われていた、大学に合格することができた。
大学生になり、少しずつ大人にならないとと思ってる自分もいた。
そんな中、選択をしないといけない授業があり、いつもだと、楽な授業を選ぶのだが、なぜか心理学に目がいった。
心理学を学んで見たいと思ったのだ。
就きたい仕事に心理学はあまり関係ないと思っていたが、人に関わる仕事なら、心理学は必要なのではないかと思ったのだ。
自分が、心理学を詳しく理解するのは、無理な話だが、少しでも頭に入れるということがこれからの人生で必要になってくるのではないかと思ったのだ。
実際、授業を受けていると、わからないことばかりだったが、そうなんだという発見はかなり多かった。
それを少しずつ積み重ねていけば、これからに活かしていけるのではないかと思った。