養成塾を終えた税理士さんは?

税理士などを対象に、全国で養成塾を開いている和仁達也さんという方のホームページを覗いてみると、和仁さんの塾生からのコメントが載っていました。
Oさんという方は、月額5万円でキャッシュフローコーチの契約が4件取れ、年間240万円の粗利を得ることができました。
そして、「自分の立ち位置がわかって気が楽になった」「事務所内の全員がやる気を出して働くようになった」「事務所としてのアピールポイントができた」と養成塾を絶賛しています。
またKさんは、3社とキャッシュフローコーチ契約ができ、月額17万5千円の12ヶ月分で210万円が確定。
和仁先生や塾生たちの取り組む意欲が高く、養成塾を受けて視野が広がり一つ上のステージに上がれました。
安心で安全かつ前向きな和仁さんの講義は、事務所に帰ってすぐ実践しました。
その成果だと思います、ありがとうございました、と書いています。
そしてNさんは、2件のキャッシュフローコーチ契約をして毎月5万円と3万円で確定しました。
顧問先の社員に向けたセミナーを、年2回で1回10万円で受注しました。
などなど、養成塾を経た税理士のみなさんは大活躍しているようです。

歯医者さんになるともらえる資格とは

歯医者さんとして働くためには、まず歯科医師免許もしくは歯科医師資格を取得しなければなりません。
しかし歯科医師国家試験に合格するなら、他にも取得できる資格があることは、ご存知でしょうか?
つまり歯科医師免許以外にも取得できる資格があるという意味です。
まず、歯科医師免許を取得した人には、食品衛生管理者や衛生検査技師、衛生管理者などの資格が取得できるように、講習が準備されています。
歯医者さんになっているのであれば、この講習を受けるだけで、試験なしの状態で3つの資格を取得する事が可能です。
3つの資格とも、決して簡単な資格ではないものの、歯科医師であれば、講習のみで取得できるのは大きいですね。
その他に、歯科医師であれば有利に働く資格というものもあります。
例えば、臨床検査技師や介護支援専門員などについては、試験はあるものの、試験の一部分が歯科医師国家試験とかぶっているため、この部分がカットされるので、多少は有利になるでしょう。
試験範囲が少なくなるという意味になるので、試験自体の難易度が下がることになります。

相続税が無かったらどうなるのか

財産を相続するときには相続税を支払う必要があります。
相続税を支払う必要があるのは、一定以上の財産を引き継いだ場合です。
つまり、お金持ちほど相続税を支払う必要があります。
ではなぜ相続税を支払わなくてはならないのでしょうか。
相続税は、相続した人に課せられる税金です。
相続で得た物は収入とみなされ、それに対して税金を支払うわけです。
もしも相続税が無かったらどうなるのか。
お金持ちは、自分の資産を子孫に引き継がせ、ずっとお金持ちのままでいることが出来そうです。
もちろん、財産を使い果たすこともできますが、相続税が発生するよりは財産を残すことが出来ます。
すると、お金持ちはいつまでもお金持ちで、お金のない方へ流れてきません。
相続税は、お金の流れを発生させるためにもとても大切な制度なのです。
相続税は、国のお金の大切な財源の一つです。
取れるところから取るというのは、当然の話ですよね。
ということで、相続税はかなり大切な制度だと思います。
相続税を取られたくないために何とか対策をする場合が多いですが、その対策の時に既にお金が流れているので一定の効果はあるのかもしれません。

あんまり安い美容院は危ない?

最近はフリーペーパーなどで安い美容院がたくさん紹介されていたりしますよね。
クーポンが利用できたりして料金がとても安くなる美容院は料金重視で美容院を選ぶ人にとってはかなり魅力的です。
私も安さに惹かれて美容院を選んでいたことがありましたが、やっぱり安いお店は予約が取りづらかったり、結局閉店してしまうことが多かったように思います。
逆に「ここの美容院はあんまり安くしないなぁ…」と思っているところはずっと長くやっている気がします。
ネットでも「料金が高いサロンは高くてもリピートしてくれる顧客をしっかり抱えているから価格が守られている証」と言われていました。
確かに料金が高いお店は技術が伴っていなければすぐにお客さんは離れていきますので、その点は明らかになります。
でも最初から料金の高い美容院に行くのはちょっと怖いかもしれません。
そういったときこそ使えればクーポンを利用するのがおすすめのタイミングでしょう。
いずれにせよ、美容院選びはただ料金が安いだけで選ぶのはもしかすると後から「失敗した…」ということになるかもしれませんので、じっくり納得のいくお店を選ぶようにしたいですね。

弁護士は好き嫌いが分かれる職種です

好きな人、嫌いな人はいます。
すべての人を好きという人はほとんどいません。
すべての人を好きという事はないですが、好きな人が多い人は多いです。
好きな人が多いというより嫌いな人を作りたくないと思っている人が多いという事ですね。
職種にも好き嫌いはあります。
同じ職種でも好きな人もいれば嫌いな人もいます。
弁護士の中にも好きな人、嫌いな人はいます。
実績のある弁護士でも嫌いという人はいます。
自分と価値観が合わないからダメという場合もあります。

人間関係で価値観が合うというのは大事です。
価値観が合わないとなかなかうまく付き合って行く事は難しいです。
弁護士も自分と考えが違う人に依頼はしたくありません。
離婚問題で弁護士に相談したのに旦那の事ばかりを考える弁護士が好きという事はないです。
相談に来たのは旦那ではないのに旦那の肩をもつような弁護士を好きになるという事はないです。
旦那の見方をする弁護士でも良いと思う事はないです。
旦那の見方をする弁護士に相談したら「失敗した!」と思ってしまいます。
相談したのは私なのに旦那の見方をされて良い気持ちはしません。
相談した後で依頼する弁護士を変える事はできますが、事前に弁護士の事を調べておいた方が新たに探す手間が省けます。

ワーキングホリデー留学について

「留学」といっても色々な形態があると思います。
中でも「ワーキングホリデー留学(ワーホリ)」は海外で就労体験ができる留学ということもあり、今とても人気なんだそうです。
ワーホリは日本と制度を結んでお互いの国の青少年に自国の文化や生活様式を学ぶための長期滞在ができる制度で、基本的には18歳~30歳以下の方が1年間海外で生活できるビザのようです。
このワーホリのビザは観光と就学、そして就労が許可されているのでなかなか貴重なビザですね!
ちなみに日本とワーホリの制度を結んでいるのは約22か国で、人気なのはオーストラリアやニュージーランド、カナダの3国のようです。
確かにこの3国は気候も良く、住みやすく、しかも観光などのアクティビティーが充実してそうですよね。
ワーホリでなくても海外旅行の人気の行き先なので1年間滞在できるのもかなり魅力なのもわかります。
また、ワーホリ費用がお手軽なのは韓国や台湾などで、日本からも近いのでとても人気があるようです。
ワーホリで留学すれば海外で学校に通いながらアルバイトもできるので、現地での生活費の足しにすることもできて一石二鳥ですね。

糟屋郡の歯医者で子供におすすめなのは

子供が歯科検診で引っかかってしまい、糟屋郡の歯医者でどこかいいところがないか探しているところです。
糟屋郡も歯医者がかなり多いエリアだと思うので、結構「あ、ここ良さそう」「ここもいいかも」と目移りしてしまいます。
なので、素直に近所に住む姉(小学生の子供あり)におすすめの歯医者を聞いてみました。
一応教えてもらったのは「はかたの森歯科・こども歯科」というところで、イオンからも近かったので早速娘を連れて行こうと思います。
ネットでこちらの歯医者を調べてみたらネットで予約ができるようで、24時間対応で新規患者限定のようなのでちょうど良さそうです。
しかも最新の機材もあったり、先生やスタッフさんたちの動画をみると歯医者自体の雰囲気がすごく良さそうです。
でも娘は歯医者を嫌がるので連れて行くのもちょっと心配です…。
歯並びのことも相談したいので、なんとか頑張って連れて行かないとですけど。
とりあえずは普段の歯磨きももっとしっかり磨くようにさせないといけませんね。
ついでなので自分も歯のチェックとホワイトニングをしてもらいましょ。

DVD制作はプロに発注した方が良い

うちの子は塾に行ってくれないので、家でドリルをやっています。
このドリルはスマホのアプリと連動していて、動画で説明を見ることができるので、ただドリルをやるよりもわかりやすく楽しく取り組むことができます。
自分で教科書を見て考えるよりも、動画を見た方がわかりやすいみたいですよ。
企業の商品説明も説明書を見るよりも動画の方がわかりやすいし、動画って身近になったと思いませんか。
だから企業も動画を取り入れており、動画を作り際には自社で作るよりもDVD制作のプロに発注することをオススメします。
プロは何と言っても企画力と構成力が違い、撮影の前から明確に描いています。
またコンセントを明確にしてから撮影しているので、効果的な動画を撮影することができ、素人とは比べ物にはならない動画を作ることができます。
自社でDVD制作をすれば安上がりですが、本来の業務の範囲外になるので完成するまでに時間がかかってしまいます。
プロに発注すると費用はかかってしまいますが、手間をかけずに効果的でクオリティが高い動画を作ることができるので、プロに発注した方がいいでしょう。

留学先でパスタばっかり食べてるのかなぁ?

親友のKが留学して、早や三ケ月経ちました。
毎週のように会っていた子なので、もうめちゃくちゃ寂しくて、なんか恋人と別れたような喪失感?
でも、だいぶん彼女の不在に慣れてきました。
昨日は、いつも彼女と一緒に行く飲み屋に行ってきて、行きつけなんでそこのオーナーと一緒に彼女の話で盛り上がりました。
本人不在で盛り上がるっての変なんだけど、彼女ってなんかネタになるというか良いキャラしてるんです。
彼女の留学先がイタリアなんですよね。
彼女、すっごいパスタが好きなので最初にイタリア行きを聞いたときに「そんなにパスタが好きなのか!?」って思ったし(笑)

でも、別にパスタ目当ての留学ではなかったみたいです、さすがに。
だけど、絶対に向こうでパスタ食べまくってると思うな。
でも、彼女の好きなパスタってタラコなんだけど、イタリアにタラコパスタってあるのかな?
そんな話をしながら、昨日はタラコパスタを食べました。
早く帰ってこないかな~、と思いつつ、でもまだ半年以上は会えないけど。
彼女が帰ってきたら、新しいイタリアンの店を開拓して一緒に行きたいですね!

費用は掛かるけど予防歯科に行くのは大切な事です

予防ほど大事なものはありません。
何事も予防です。
予防をしっかりしていれば酷くならないですむ可能性が高いです。
歯は予防をちゃんとしておけば虫歯になる確率を下げる事ができます。
確実を下げるだけではなく虫歯にならないですむかもしれません。
何事も100%はないですけど、100%に近い状態にすることはできます。

自宅で歯を予防すればほとんど費用は掛かりません。
だいぶ費用が掛かるのは嫌という人は多いです。
歯を予防するのはとても大切な事ですけど掛かる費用はできるだけ抑えたいです。
多くの費用を掛けても良いという事はないです。
費用をだいぶかけて虫歯にならないで済むのならそれに越したことはないですが、費用が掛かっただけで虫歯になってしまったのでは本末転倒です。
費用をほとんど掛けずに歯の予防をしたいと思う人は多いですが、多額の費用は掛けたくないと思う人もたくさんいます。

予防歯科に行くと費用は掛かります。
自分で予防するのより費用は掛かりますね。
少なからず費用が掛かる予防歯科ですが、行く歯科によって掛かる費用が違ってきます。
虫歯になったら費用が掛かるとは言ってられません。
予防以上に虫歯になったら費用は掛かります。
予防歯科に行って歯の予防をしておけば結果的に掛かる費用は抑えられます。